法人限定

法人しか入居することができない物件です。
「法人」というのはもともと生きている人間ではないので、正確には「法人が住む」というよりは「法人として契約する」といったほうが正しいかもしれません。

この物件は法人名義で契約し、その部屋を事務所として事業を運営していくというものですが、中には規模の大きな法人が社宅として借りることも多いようです。

法人限定にすることのメリットとしては、不動産業者としては「家賃の回収リスクが低くなる」ということが考えられます。

個人の場合はどうしてもその人の性格や生活スタイルによって家賃の支払いが遅れたり滞ったりすることが考えられますが、法人の場合は法人を存続させる為にもそこを契約していることが必要ですので、家賃の支払い漏れが少なくなります。


ページのトップへ戻る