賃貸事務所の契約時の仲介手数料

賃貸事務所を契約するときには、家賃のほかに、敷金または保証金と礼金などの初期費用が必要です。 敷金または保証金は、オーナーに対して支払い能力を証明するほか、滞納や退去時の原状回復費用に充てるためのもので、それらの費用を清算後に返却されます。

 礼金は、返却されませんが、オーナーに対して支払うものである一方、仲介手数料は、契約を媒介する不動産会社への報酬です。 したがって、初期費用として契約時に不動産会社に支払う総額のうち、仲介手数料だけは支払先が不動産会社に直接支払うもので、ほかは不動産会社を介してオーナーに支払うものです。そのため、領収書が二枚に分かれることもあります。

人気の大阪梅田の賃貸オフィスや事務所については不動産会社にご相談ください。当サイト「賃貸の掟~こだわり条件、限定~」についてはお問い合わせページへ。賃貸マンションの物件からレンタルオフィスの情報まで、様々なお役立ち情報を掲載しております。是非ご覧下さい。


ページのトップへ戻る