賃貸事務所の修繕費について

賃貸事務所を借りるときにはビルなどのテナントを借りるのが一般的です。その際には大抵の場合修繕費は借りる人側が代金を出すことになります。  修繕費は建物・機械・車両等をひっくるめて固定資産と呼びますが、それに対する原状回復を行うための費用です。

 ただ、修繕をする際に出す代金は後から揉めやすいものでもあります。ですので、怪しまれないように最初に修繕前と修繕後を写真や動画などで記録しておいたほうがよいでしょう。  資産として計上もできますが、税金を納めるときには修繕のお金は通常の場合経費として認められるものでもあります。ですのでしっかりと経費として税金の申告の際に出すようにしましょう。


ページのトップへ戻る