レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違い

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いについては、同じように捉えている人も多くいるでしょう。しかしながら、双方については明確に異なることがあげられます。

レンタルオフィスについては、ワンフロアを複数で契約し利用することで、リーズナブルに利用することができます。一方でバーチャルオフィスについては、住所だけの利用となりますので、自宅などでビジネスをおこなっている人が利用するケースが多いことがあげられます。

オフィスのサービスについても、最近では多様化されていますので、違いをしっかりと理解した上で利用することをおすすめします。

レンタルオフィスを使ってできることって?

レンタルオフィスが最近ではあらゆる場所にできていますが、一体どのような使い方をされているのでしょうか?よく使用するのがフリーライターの方など、決まった場所に通勤する必要がなく、自分が必要な仕事道具さえあればどこでも仕事ができる人たちが、自分の仕事場として仕様するというスタイルです。デスクや椅子は元々設置されていますので、自分の体と必要なものだけもっていけばいいので、便利なのでしょう。

また新たしく会社を立ち上げる人たちも借りるようです。一から部屋を仕事場として借りたり、作ったりするには多大な費用と時間が必要ですが、こちらを借りるのであればただ登録作業さえすればいいんです。

レンタルオフィスにおける利点

現代の日本社会において、様々な仕事の進め方や働き方が特徴的に挙げられるケースも多く、フリーランスとして働き先を問わない方の仕事環境、さらに起業しようとしている方のスタートアップ拠点として、レンタルオフィスの存在が幅広く利用されています。

ビジネスにおいて必要とされるFAXやインターネット接続環境などの設備が整っている他、電話受付、郵便物の受け取りなどにおける代行サービスやオプションシステムが用意されているオフィスも多く見受けられます。また、短期契約が可能とされていたり、周辺環境に合わせて選べるなどの利点もあります。

レンタルオフィスにはデスクが必要

デスクを用意していないレンタルオフィスの場合、自分で用意しないと結構辛い状況となります。

デスクが用意されていることで、ある程度レンタルオフィスで作業が簡単にできるようになります。しかも用意されているデスクによっては、作業効率を高めてくれる可能性がありますので、かなりいいものと判断できます。

しかし用意されていないオフィスも最近出ています。小さいオフィスを中心としていますが、用意されていない場合は自分で購入しなければなりません。持ち込みは自由となっているので、オフィス側が用意しないなら自分で準備をするのが無難です。

レンタルオフィスとシェアやバーチャルなどの特徴

最近急増しているサービスとして、レンタルオフィスをあげることができるでしょう。似たようなサービスにはシェアオフィスやバーチャルオフィスなどがあり、人によっては同じように思っている人もいるでしょう。

レンタルオフィスについては、個室がありますので一般的な月契約の賃貸オフィスと似ています。シェアオフィスは広い空間をみんなで利用しますので、自習室としての感覚が強いでしょう。

バーチャルオフィスについては、住所だけ貸している状態なので、実態はないに等しいものになります。こういったオフィスの特徴を知った上で利用するといいでしょう。

レンタルオフィスに関する記事


ページのトップへ戻る